MITSUHASHI CORPORATION

> Wind 巻く

AIREX エイレックス

ダウンロード

AIREX
総合

巻物・ロール物には無くてはならない省力シャフト
「巻く」信頼のパートナーです。

一つ一つのニーズに最適なシャフト作り

AIREX SHAFTは、ウェブを巻取り・繰出しする際、巻物・原反のコアをチャックする中軸や、吊り下げ搬送する際の中軸として、作業の効率化、確実性の向上、高精度化を実現するために開発されたシャフトです。
現在、フィルム・製紙・紙加工・箔関係、金属加工・印刷業界等の幅広い分野でご使用頂いております。
装置の多様化、合理化がますます望まれる今日、お客様それぞれのニーズ一つ一つに対応した最適なシャフトを提供していきます。

AIREX Series
Air Shaft エアーシャフト

AIREX_airshaft_.jpg
両持支持タイプ

両持支持タイプ

シャフト内部に膨張体としてのゴムチューブが組み込まれています。圧縮空気を注入することによりゴムチューブが膨張すると、ラグが本体外周より突き出し、コアを確実にチャックします。
本体外径はΦ25からΦ450まで、広範囲な実績があります。また、シャフトの構造は両持支持、片持支持をはじめとする豊富なバリエーションがあります。

AIREX Series
Mechanical Shaft メカニカルシャフト

AIRE_mecha_.jpg
インパクトタイプ

インパクトタイプ
高精度なコアチャック性能を発揮

メカニカル方式でラグを拡縮するシャフトです。シャフト内部には、ラグに対応してスライダーが直列に並んでいます。スライダーにはテーパー面が加工してあり、スライダーを押し引きにすることよりラグが拡縮します。機械的な拡縮方式を採用しているので、ラグは全方向へ均等に張り出し、コアを芯ブレなくチャックすることができます。本体外径Φ74mmを標準サイズとし最大張径がΦ83mmとなりますので、コア内径はΦ74.5mmからΦ80mmまでの広い範囲の適用が可能です。
インパクトレンチ等を利用する高出力のAIREXネジ式メカシャフト、内部のエアーシリンダに圧縮空気を注入するとワンタッチで作動するAIREXシリンダ式メカシャフトの2種類を準備しております。お客様のご希望に応じて、標準サイズ以外の各種製品も製作致しております。

AIREX Series
Air Chuck エアーチャック

AIREX_Airchack_.jpg
エアーチャック

高荷重用シャフトレスタイプ

エアーチャックのボディー部が大口径のエアーシリンダになっており、その先端のテーパー部品が大推力で押し出されて、ラグが張り出します。このため、強力な力で確実にコアをチャックすることが出来ます。コア内面に押し付けられるチャック爪の表面には溝加工されており、大きなグリップ量に耐えられるようになっています。原反質量別に、0.25t用、0.5t用、1.0t用、2.0t用があります。標準爪は3インチコア用ですが、アダプタを追加することにより、大きなサイズのコアもチャックできるようになります。
エアーチャックは、エアーシリンダによりチャック爪の拡張を行う為、両サイドからの押し付け力は不要です。(両サイドからの押付け力によりチャック爪の拡張を行うAIREXメカチャックも製作いたしております。どちらも、シャフトレスなので、着脱作業の自動化が容易です。)

AIREX Series
Mechanical Chuck メカニカルチャック

nophoto.jpg

ログイン