MITSUHASHI CORPORATION

HISTORY 沿革 

   
昭和19年
創業者三橋要が、京都市左京区孫橋通り川端東入る新丸太町72番地に創業。
精密機械部品の生産を開始。
昭和21年
昭和21年
京都市中京区壬生坊城町6番地に本社を移転し、株式会社 三橋製作所 と社名変更。
昭和25年
昭和25年
株式会社島津製作所の協力会社となり医療用X線装置、材料試験機を製作。
昭和28年
昭和28年
昭和28年
繊維業界の自動省力化分野に進出。
染色整理加工機のシート耳端制御装置を製作。
昭和30年
昭和30年
繊維業界の工業用乾燥分野へ進出。
乾燥機のガス安全燃焼装置を開発。
昭和37年
昭和37年
京都市右京区西院春栄町25番地に工場を移転。
昭和38年
昭和38年
フィルム・紙・ゴム加工業界、印刷業界へ進出。
ラインマーク位置制御装置(LPC)を開発。
 
昭和43年
資本金を1億円に増資。
 
昭和46年
食品業界へ進出。
パウチ自動ディスペンサー(SDMシリーズ)を開発。
 
昭和51年
一般産業設備分野へ進出。
エイレックスシャフト(AIREX SHAFT)を開発。
昭和52年
昭和52年
連包パウチ自動投入機 パウチディスペンサー(KDシリーズ)を開発。
 
昭和53年
縫製業界に進出。
工業用ミシンによる 自動縫製装置(オートシーマー)を開発。
昭和54年
昭和54年
岡山県真庭郡落合町に系列会社 サンブリッジ工業株式会社 を創業。
 
昭和57年
マイコン制御による連包充填袋自動箱詰機 パウチローダー(KEシリーズ)を開発。
 
昭和58年
整列箱詰機(カートニングマシン)を開発。
 
昭和61年
東京営業所を開設。
 
昭和62年
イメージセンサを搭載するフルオートエッジガイドコントロールシステムを開発。
昭和63年
昭和63年
各種シール・カード対応の カード投入機(カードディスペンサー)を開発。
現本社屋完成に伴い本社の移転ならびに旧本社工場を閉鎖。
現社長(三橋宏)が代表取締役に就任。
 
平成 5年
九州営業所を開設。
カムラックを開発。
 
平成 6年
カムラックを搭載したカードディスペンサー(CDシリーズ)を開発。
 
平成 7年
高速型パウチストッカー(CSシリーズ)を開発。
 
平成 8年
ニッケル水素電池用巻取機(MWシリーズ)を開発。
 
平成10年
新事業方針の全社展開をスタートさせる。
高速型パウチカッター(KSシリーズ)を開発。
 
平成14年
超高速パウチディスペンサーを開発。
イメージセンサー搭載の反射型マークセンサーを開発。
サーフェイスゴム式のエアーシャフト「ラバチャック」を開発。
 
平成16年
創立60周年を迎える。
クリーンルーム対応ウエブガイドシステムの商品化。
画期的な非接触方式のピッチ検出ユニットを開発・商品化。
 
平成17年
ユー技研工業株式会社から営業譲渡を受け、UE「シワ取りロール」の製作・販売を開始する。
 
平成18年
太陽電池製造ラインへの参画。
真空環境におけるウェブガイドとテンションコントロールを開発商品化。
 
平成20年
東京営業所を江戸通り沿いに移転。
   
   
ログイン